Lステップ・LINE公式の効果的な6つの友だち集客方法【Web・実店舗】

こんにちは、s-stagerの酒井です。

今回はLステップ・LINE公式の友だち数を増やすための、効果的な集客方法を6つご紹介します。

Lステップはあくまで教育・接客ツールですので、集客の効果はありません。(サポートすることはできます)

そのため、LINE公式の友だちを増やす施策を別で行う必要があり、ここがかなり重要になってきます。

Lステップ・LINE公式の効果的な6つの友だち集客方法

Lステップ・LINE公式の友だちを増やすための効果的な集客方法は次の6つ。

  1. YouTube・TikTok・SNS
  2. ブログ・メディア
  3. ウェビナー
  4. Facebook広告+オプトインページ
  5. LINE広告
  6. 実店舗

これらの集客施策を、自社の業態やターゲットに合わせて選ぶことで効果的な友だち集客施策を行うことが可能です。

YouTube・TikTok・SNS

スマホが普及してから、かなり勢いのあるプラットフォームを利用する方法です。

ざっくりですが、YouTubeは全世代、TikTokは若者への訴求が可能。SNSでもTwitterは幅広い世代、Instagramは若い女性へなど、それぞれ特徴があるため商品・サービスのターゲットによって選択することができます。

また、YouTubeは動画を通してファン化がかなり進むため、友だち追加後の反応も良く、かなり濃い見込み客を獲得できることが多いです。YouTubeの特性上、ある程度チャンネルが成長すれば半自動的にLINE公式への集客ができる点も大きな魅力ですね。

TikTokは今もっとも勢いのある動画プラットフォームであるため、私たちもかなり押している媒体です。圧倒的なリーチ力のおかげで認知拡大へもっとも貢献できるプラットフォームと言えます。

YouTubeやTikTokでの運用に関しては私たちでお手伝いできますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
≫TikTok運用代行・コンサルティング
≫YouTube運用代行・コンサルティング

ブログ・メディア

自社でブログ・メディアを運営し、SEOからの流入をLINE公式へ誘導する施策もあります。

資料請求やリードマグネットを用意しLINE公式の自動応答を使うことで、プレゼントと引き換えに友だち登録をしてもらうことができます。これは従来のメルマガ登録を、そのままLINE公式に置き換えた方法で、かなり有効です。

ある程度、SEOからの流入が見込めるのなら、こちらも継続的に集客をすることが可能となります。

ここでもっとも重要なのは魅力的なリードマグネットを用意すること。有益情報を掲載したPDFや、過去のウェビナー動画、Lステップを用いた数日間の無料講座などは反応率がとても高いです。

ウェビナー

ウェビナーを開催し、後半でLINE公式への登録を誘導する方法もあります。

こちらはある程度の規模でウェビナーを開催することができれば、一気に多くの友だちを獲得することも可能。ウェビナーに参加する時点でかなり属性が絞られていますので、LINE公式への登録後も良い反応を期待できます。

先日サポートさせていただいた企業様が近畿大学生80人に行ったウェビナーでは、最終的に30人近い登録があり、そのうち2人がサービスの無料体験に参加いただく結果となりました。

ウェビナー参加者を集めることも大変ですが、根気よく定期的に開催することで徐々にウェビナーの集客を高めることができます。

Facebook広告+オプトインページ

リードマグネットの情報を掲載したオプトインページ作成し、Facebook広告に流すことでLINE公式の友だちを増やすことができます。

広告ですので費用をかけている間しか効果はありませんが、短期間で一気に多くの友だちを増やすことも可能です。

費用感的にはリスト獲得単価1000円~2000円、Facebook広告の学習が進み適切なオプトインページが作成できればリスト獲得単価500円を目指すことも可能です。

ある程度の予算が組めたり、Lステップの効果測定をするために一度顧客を流すには最適な方法です。

LINE広告

LINE公式を「承認済みアカウント」にすることができれば、友だち追加をそのまま訴求できるLINE公式が出稿可能になります。

つまり、Facebook広告とは違いオプトインページを挟まずに友だち追加させることができるので、友だちを増やす施策としてはかなり効率の良い方法となります。

もちろん友だち追加をするメリットとなるリードマグネットは必要です。

「承認済みアカウント」にできたなら、ぜひ一度試してみてください。

実店舗

実は、実店舗もLINE公式の集客装置とすることができます。

私がコンサルに入っている飲食店様ではLINE公式の自動応答機能を使い、メニューに割り振られた番号をLINE公式でメッセージ送信すると対応したメニューの詳細が自動で送られてくるスキームを採用しています。

メニューの説明工数を削減でき、LINE公式の友だちも増やすことができるため、かなり有効な施策となります。

また、LINE公式の「ショップカード」を使い、リピーター促進をすることができますので、実店舗経営をされている方はLINE公式の導入は必須と言えます。

実店舗のIT導入に関するコンサルティングも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
≫お問い合わせ

まとめ

今回は6つのLINE公式集客施策をご紹介させていただきました。

  1. YouTube・TikTok・SNS
  2. ブログ・メディア
  3. ウェビナー
  4. Facebook広告+オプトインページ
  5. LINE広告
  6. 実店舗

Lステップで完璧な配信が出来ていても、友だちの登録がなければ意味がありません。

特に実店舗では、店舗経営をすることがLINE公式への集客となりますので、効果的に活用していきましょう。

合わせてこちらの記事はいかがですか?